年長児 お泊り保育の取り組みの紹介

「つながりの中で育って行けるんだ」という経験を子どもたちにしてほしいと

こばとの森保育園では、年長組になると「お泊り保育」をしています。

誰しも、出来ることと出来ないことがある。

出来ないことは、教えてもらったり、助け合えばいいんだという実感を持って自分と仲間への信頼関係を培っていけたらと思っています。

 

お泊り保育の取り組みで、風呂敷を染めて「あずま袋」を作りました。

とても綺麗だったので、紹介します。